スマイル

病食のことならクリニコに任せると安心できる

健康を左右する食事内容

食事

増え続ける症状と対策

高血圧と診断される人が増えているといわれていますが、根拠となる具体的な数字も発表されています。厚生労働省が3年ごとに調査している「患者調査の概況」平成26年分によりますと、3年前と比較して104万人増加、さらに1000万人を超えたという結果です。病気が原因となることもありますが、ほとんどは原因がはっきりしないうちに発症しています。原因を特定することは困難ですが、遺伝といった体質と生活習慣が絡みあって発症していることが分かってきているのです。そのような中、効果的な高血圧対策として食事療法の取り組みが盛んに行われています。高血圧を意識した食事は病食とも呼ばれ、塩分や脂肪分とカロリーなどをコントロールした内容です。

食事提供サービスの登場

高血圧は血管に大きな負担をかける症状ですので、何らかの影響が全身に現れてきます。肥満といった見た目の悩みや頭痛のような薬が必要なほどの辛い症状まで、それぞれの人が受ける苦痛はさまざまです。食事療法を始める際に、まずは医師からのアドバイスを受けると良いでしょう。実践している人の多くが、普段の生活に戻ってきたという高評価です。また、さまざまな原因が絡んでいるため、辛かった症状の思わぬ改善も期待できます。そんな食事療法ですが、高齢者や仕事の忙しい人は自炊が困難といえるでしょう。そこで急増しているのが、高血圧に対応した食事の提供サービスです。冷蔵・冷凍食が中心で温めるだけの手軽さが、幅広い層から支持されています。